恋愛コラム

  (最終更新日:2020.10.1)

42歳でアプリ婚を果たした涼子氏が展望!アフターコロナの婚活事情(涼子@マッチングアプリ結婚氏)

今回、マッチングアプリでの婚活について発信する「涼子@マッチングアプリ結婚」氏にMeetechのコラム記事を作成していただきました。

ご自身もマッチングアプリを使って結婚されているので、まさにマッチングアプリでの婚活を知り尽くしたとも言える方です。

そんな涼子氏にご執筆いただいたテーマは「アフターコロナでのマッチングアプリ婚活」について。

コロナ禍を経てマッチングアプリでの婚活はどう変わっていくのか、独自の目線から分析していただきました。

これから婚活を考える人には、ぜひ頭に入れておきたい内容です。

【寄稿者プロフィール】
涼子さんのアイコン画像

涼子@マッチングアプリ結婚

1977年生まれ。
東京在住。
マッチングアプリで2年婚活して50人以上と会い、42歳で結婚しました。
ブログやツイッターでアプリ婚活成功のノウハウを毎日発信し、300人以上のアプリ婚活者の恋愛相談にお答えしています。

■Blog:http://ryoko.xyz/
■Twitter:@ryoko__xyz

※以下からが、涼子氏に寄稿していただいたコラムです。

2020年初頭から始まった新型コロナウィルス流行により、人々の生活は一変しました。

  • 外出の自粛
  • リモートワークの導入
  • ソーシャルディスタンスの推進

これらにより、人と人が接触する機会が激減しています。

コロナウィルスが終息し緊急事態宣言が解除されても、 これまでは当たり前に行われていた学校や職場での集団生活、消費活動は戻ってきません。

となると今後は マッチングアプリを使った恋愛や婚活のあり方も大きく変わっていくことが予想されます。

ビフォーコロナまではマッチングアプリというと、まだまだ出会い系というイメージが強く残っていました。

  • アングラ
  • 危ない
  • 怖い
  • 詐欺犯罪の温床

という印象を持っていた方も多いと思います。

ましてや「婚活でマッチングアプリを使っている」などと周囲に言うと「大丈夫なの?騙されてない?」と心配されてしまう状況でした。

しかしアフターコロナの時代になれば、いよいよマッチングアプリも市民権を得て、次のようになるとわたしは考えています。

  • 誰でも気兼ねなく使う時代が来るのではないか
  • 婚活の手段として大きな役割を果たしていくのではないか

リアルで恋愛しづらくなるとオンラインマッチングのニーズは高まる

今後はウィルスとの共存を前提とした生活が始まります。

引き続き外出は避け、他人と会う場合は距離を取り、短時間で済ませるといったことが推奨されます。

となるとこれまでのようなリアルコミュニティ、つまり 学校やバイト先、職場、サークルを通しての出会いや恋愛は一段と難しくなっていくでしょう。

これまでは、次のように自然なきっかけから恋愛に発展することもありました。

  • 「同じプロジェクトに関わっていた」
  • 「帰り道がたまたま一緒だった」
  • 「オフィスでよく顔を合わせていた」

しかし人と人が会うことがリスクになってしまうと、このような自然な出会いは望めません。

合コンやホームパーティ、懇親会、同窓会も同様です。

不特定多数の人が集まる集会は開催自体が難しくなり、出会いの場所としては機能しなくなっていきます。

となると「直接会わずとも知り合えて、コミュニケーションを取れる」オンラインマッチングのニーズは高まっていくものと思われます。

リアルコミュ二ティで恋愛したくない人たちと親和性が高い

そもそも 最近はリアルコミュ二ティでの恋愛は避けられる傾向がありました。

リクルートグループ、ブライダル総研の「恋愛観調査2017」によると、コミュニティー(会社やサークル)内での恋愛に何となく気が引けると感じる人は

  • 40代:25%
  • 30代:28%
  • 20代:34%

と、若年層ほど高くなる傾向があります。

mixiやFacebookなどのSNSの普及により、リアルコミュニティの人間関係がオンラインで可視化されるようになると、 結婚や出産、あるいは離婚といったライフイベントも瞬時に共有されることが当たり前になりました。

これに抵抗感を感じる人が、次のように考えるようになったと言われています。

  • 恋愛によって和を崩したくない
  • 振られるくらいなら仲のいい友だちのままでいい

彼らはオンラインでもオフラインでも「リアルコミュティとは関係ない」ところで出会いを求めています。

デジタルネイティブ世代でスマホツールの扱いに慣れてるという以上に、コミュニティと離れた場所で異性と知り合えるという点でマッチングアプリとの親和性がもともと高かったのです。

この傾向はコロナショックによって、さらに加速していくことでしょう。

結婚相談所や婚活パーティのオンライン化にともなうアプリとの比較

結婚したい人の出会い手段としては、結婚相談所や婚活パーティがあります。

  • 相談員によるお相手探しや出会いの調整
  • 交際や結婚までのカウンセリング

このように手厚いフォローサポートを受けながらお見合いを進められるのが最大のメリットですが、 すべて対面で行うことが前提でしたので難しくなってしまいました

婚活パーティは結婚または交際を希望する男女が一堂に会してカップル成立を目指すものですが、これも典型的な3密(密接・密集・密閉)条件に触れてしまうので開催できません。

ということで、すでに多くの結婚相談所や婚活パーティはオンラインでの実施に置き換わってきています

ただ結婚相談所も婚活パーティも「手っとり早くオフラインで対面できる」ことが強みだったわけで、これがオンラインに移行されてしまうとマッチングアプリとの差別化はどこで出すのか?というのが問われてきます。

オンライン化にともない今後料金改定があるかはわかりませんが、通常結婚相談所は年間数十万円、婚活パーティなら都度数千円の費用かかります。

男性であれば月額約4000円、女性ならほぼ無料で使えるマッチングアプリに比べると、コストパーフォーマンスの観点から婚活サービスを見直すユーザも出て来ると思います。

いままで相談所やパーティを中心に活動していた人たちがその値段の安さ、気軽さからマッチングアプリの利用に切り替える可能性はあると思います。

破局した人やテレワーク従業者が出会いを求める

コロナウィルスの大流行は人々の「危機意識」をあぶりだし「本当に大事なもの」を改めて考えさせるチャンスをもたらしました。

有事の行動を見れば 「この人とならやっていける!」「この人じゃダメだ…」ということがハッキリします。

これは平常時ではなかなか見ることができません。

家族やパートナーとの在り方を見直し、今まで先延ばしにしていた大きな決断を下す人も出て来るでしょう。

これは大震災後にもよく見られた光景ですが、なんとなく付き合っていたカップルは、今後結婚か破局を選ぶ人が増えると思います。

また夫婦で別れを選択する人も出てくるかもしれません。

2020年後半以降はそうやってパートナーと別れて、心機一転新しい出会いを求めよう!と決意した人たちが、恋愛・婚活市場に戻ってくるでしょう。

また特にこれまで出会いを求めてなかった人でも、テレワークにより在宅時間が長くなるとマッチングアプリをする人というのが増えます。

外出できない中、1人暮らしが心細くなり、そばに誰かにいてほしいと思ったり、自分の将来を見つめ直す時間ができるからです。

これはわたしのアプリ婚活の経験からも言えるのですが、

  • ゴールデンウィーク
  • お盆休み
  • 年末年始

などの長期休暇中には、普段婚活してない人・婚活スレしてないフレッシュな人の登録が増えます

既存会員のアクティブ率も上がり会員同士のコミュニケーションが活発化します。

なのでマッチングしやすく、アポも取りやすくなります。

いまはコロナ禍という緊急事態下なので長期休暇とは事情が違いますが、アフターコロナはこの長期休暇のような状態が慢性的に続くことになるので、多くの人がマッチングアプリを始めると考えられます。

さらに言えば人口が少ない地方にお住まいの方にとっては、今は都市部の人と繋がるチャンスです。

緊急事態宣言下では、人口の多い都市部でも「出会い」という点で地理的メリットを生かせません。

つまり出会いのチャンスにあぶれた男女がたくさんいます。

これから述べるビデオ通話で距離のハンデを埋めることができれば、遠距離婚活の可能性も広がることと思います。

ビデオ通話機能でオンラインデートができるアプリが続々登場

このようにリアルで異性と出会うのが難しくなり、オンラインに頼らざるをえなくなると

  • コミュニティ外で恋愛したい人
  • 結婚相談所・婚活パーティで婚活していた人
  • パートナーと破局した人
  • リモートワークで時間に余裕ができた人
  • 人生を見つめ直した人

という人たちが続々とマッチングアプリを使い始めることが予想されます。

この状況を見越してさっそく既存のマッチングアプリ、ペアーズやタップルではビデオ通話機能が実装されました。

Omiaiでは「ビデオ通話OK」のお相手を検索するためのキーワード機能がアップデートされています。

またオンラインデートに特化した新しいマッチングアプリも続々と登場しています。

たとえば「1h(ワンアワー)」ではいま会える短時間のデートをコンセプトに、1時間以内にマッチングし、15分のビデオチャットができる機能を提供しています。

「JOIN US」は家にいながら全国の人と乾杯できる飲みマッチングアプリです。オンラインの飲み仲間を見つけることができます。

「5minutes」は5分ごとに自動で相手が入れ替わり、30分間で最大6名と出会えるアプリです。

「声」でマッチングするアプリ「koely(コエリー)」は相手のプロフィールを見て8秒経つと自動的に電話がかかり、着信を受け入れると3分間の会話が可能です。

まさに百花繚乱という様相ですが、いずれも共通してるのは電話やビデオ通話に「マッチング」という要素を追加していることです。

通話アプリといえばこれまでもSkypeやカカオトークなどがありましたが、出会い要素はありませんでした。

「通話とマッチング」をセットにすることによって、リアルに近いコミュニケーションの場を提供し出会ったあとの展開もスピーディになっていくと思います。

ビデオ通話の活用で対面ギャップが埋まる

これまでのマッチングアプリは、文字でやりとりしてから会う、という流れが主流でした。

このため妄想が先走ってしまい、いざ会ってみると次のような 「写真詐欺」が起きたりしていました。

  • 「思っていたのと違う」というギャップに悩まされる
  • 極端な加工写真に騙される

しかし電話やビデオ通話を使えば、表情や声のトーンの変化、しぐさが伝わります。

それによって感情の変化もより深く伝え、知ることが可能となります。

カメラ超しの会話ならほかの客や店員がいないので気が散らず、表情や音声に集中できるなどのメリットも認知されてきました。

4月27日の日経新聞の記事によると、大手結婚サービスのIBJは「オンラインお見合い」から交際に移行する割合は50%なのに対し、「対面お見合い」は32%と報じています。

オンラインのほうが20ポイントも高く、その理由としてIBJ社は「エスコートや身のこなしが重視される対面よりも、会話に焦点があたり、普段の人物像をつかみやすくなったためではないか」と分析しています。

ビデオ通話の手ごたえで相手を絞り込めば、より理想に近い、ギャップの少ない相手を選べるでしょう。

会う相手を精度高く選べるというのは、感染対策という観点からも非常に大きなメリットとなります。

オンラインデート成功のコツ

ここで少し、オンラインデート成功のコツを書いてみたいと思います。

オンラインデートをすでに実践されてる方、これからやってみたいという方はぜひ参考にしてください。

(1)リングライトを用意する

円状にライトが配置された照明機材です。

三脚スタンド式、パソコンに装着しやすいクリップ式があります。

光源は白色灯より昼色灯(暖色)のほうが顔色がやさしくうつります。

アマゾンや楽天で2000円から買えます。

(2)部屋を片付けておく

画角が広いカメラだと意外と部屋のすみずみまで映るので、部屋は片付けておきましょう。

部屋を見られたくない場合は、背後が壁になるよう、カメラ位置を調整するといいでしょう。

アプリによっては背景を加工できるもの、バーチャル背景を設定できるものもあります。

(3)服装・メイク・髪型は気を遣う

ビデオ通話でも第一印象が大事です。

服装、メイク、髪型は実際のアポにのぞむときと同じくらい気合を入れましょう。

(4)イヤホンを使い会話に集中する

音をキレイに拾えるため気が散らず、会話に集中できます。

iPhoneの方は、元々付属のイヤホンにマイク機能もついています。

(5)身振り手振りで感情を伝える

カメラ超しでは感情が伝わりにくいので多少大げさに相槌を打ったり、手を動かしたほうが相手に伝わりやすいと思います。

(6)終了時間は先に決めておく

あらかじめ終了時間は決めておきましょう。

話が盛り上がってきたな、というところで切り上げると2回目につながりやすいです。

(7)話しのネタになる本や食べ物を用意する

  • 最近読んだ本
  • 気にいっている音楽CD
  • 好きな食べ物

など、やりとりやプロフィールで言及したものがあったら用意しておきましょう。

おわりに

ということでコロナショックによるライフスタイルの変化により、今後、異性との出会い方はオフラインからオンラインに完全にシフトしていきます。

特に2020年後半は自粛解禁による反動で恋愛市場も活発化することでしょう。

恋愛や結婚を求める人にとっては大変な追い風が吹くと思います。

そんな中でマッチングアプリの利便性、有用性が改めて見直され、電話やビデオ通話によるコミュニケーションが一気に進み、出会いの受け皿として大きな役割を果たしていくことが考えられます。

  • いま婚活されてる方
  • これから婚活を始められる方
  • 恋人やパートナーを見つけたい

という方はぜひこのチャンスを生かし、マッチングアプリを活用していただければと思います。

そしてぜひ幸せをつかみとってください。応援しています。

RECOMMEND

  1. 恋愛コラム

    2回目以降に繋げる初回デートの裏ワザ3つ!(ポチ氏)

    今回はTwitterにてマーケティングと恋愛を題材に発信する「ポチ」氏…

  2. 恋愛コラム

    【決定版】女性に嫌われる男の4つの言動とは?(ビッグボス氏)

    今回は男性向け恋愛コンサルタントの「ビッグボス」氏にご寄稿いただきまし…

  3. 恋愛コラム

    男に求められる「優しさ」とは?その正体を徹底解説(サフランまゆ子氏)

    今回は女性・恋愛・家族・毒親等のテーマでTwitterやnoteを通じ…

  4. 恋愛コラム

    徹底解説!男性の心を掴むメールテクニック(エマちゃん氏)

    今回は女性向けに恋愛や美容などについて発信する「エマちゃん」氏にご寄稿…

  5. 恋愛コラム

    ヤリモクと真剣交際を見極めるテクニック(おとうふ氏)

    今回はマッチングアプリのプロフィール添削などを行う「おとうふ」氏にご寄…

New Posts

  1. happymail.thum2-1
  2. バイトで出会いたい人必見!出会いにおすすめのバイト7選と選ぶポイントを紹介!
  3. papakatsu-app-eyecatch
  4. 神奈川のママ活事情とは?ママ活を成功させる方法を紹介します!
  5. ハッピーメールにサクラや業者はいる?実際に業者と本物の女性を見抜いてみた!
  6. 出会い系 おすすめのアイキャッチ画像
  7. ハッピーメールはアプリ版とWeb版どっちが良いの?違いを知ってお得に使おう!
  8. PCMAXって怪しいよね...?口コミと評判を徹底検証して分かった6つの真実
  9. ハッピーメールのいいねは使える?女性から来た場合の対処法も解説!
  10. ハッピーメールの退会方法を解説!退会時の注意点もご紹介します!

Supervisor

PAGE TOP