matching-app-kikonsya

マッチングアプリ

  (最終更新日:2020.04.1)

既婚者におすすめのマッチングアプリは?嫁にバレずヤレるアプリと極意を紹介

既婚者ながらもマッチングアプリで女性と出会いたいとお考えですね。

マッチングアプリであれば、既婚者でも嫁にバレずに女性と出会えます。

ただし、既婚者がマッチングアプリを使用する際には注意やポイントを抑えておきましょう。

不倫が発覚すると、離婚や賠償金請求など深刻な事態に発展してしまいます。

そこで今回は、既婚者におすすめのマッチングアプリや使い方などを伝授!

正しい方法で、嫁にバレずにヤレる女性を見つけましょう。

1.既婚者が使うべきマッチングアプリ3選

セフレ探しにおすすめのアプリ

既婚者は、マッチングアプリ選びに注意が必要です。

既婚者の出会いは、ヤリモクのマッチングアプリが良いでしょう。

具体的には、以下の3つです。

  1. ワクワクメール
  2. ハッピーメール(18禁)
  3. PCMAX

これらのアプリであれば、既婚者でも簡単に好みの女性と出会えます。

では、1つずつ見ていきましょう。

マッチングアプリ1.ワクワクメール

ワクワクメールは、ヤリモクのユーザーが圧倒的に多いマッチングアプリです。

ワクワクメールがおすすめできるのは次のような人です。

  • セフレを探している人
  • 幅広い年齢の女性と出会いたい人

理由は、以下の2つです。

  1. ユーザーの年齢層が幅広く、既婚者も多く登録している
  2. ヤリモクで登録しているユーザーが多い

ワクワクメールには、独身や既婚に関わらず20代〜40代の幅広い年齢層の女性が登録しています。

また、会員数を見ても、750万人以上と出会い系アプリの中でも人気です。

ワクワクメールに登録している女性は「気軽な出会い」を求めています。

「独身・既婚に関わらない出会い」を求めるアプリなので、とにかく女性との出会いを楽しみたい人におすすめです。

マッチングアプリ2.ハッピーメール

ハッピーメール(18禁)は、累計ユーザー数1,700万人の大規模マッチングアプリです。

ハッピーメールは、次のような人におすすめです。

  • セフレを探している人
  • 後腐れのない割り切った関係を求めている人
  • サクラや業者に騙されにくい人

その理由は、次の2つです。

  1. ユーザーの年齢層が幅広く、既婚者も多く登録している
  2. アダルトな出会いを求めるユーザーが多い

ハッピーメールには、独身や既婚者に関わらず18歳〜60歳以上の幅広い年齢層の女性が登録しています。

加えて、アダルトな出会いに特化しているため、結婚していていながらヤリモク目的で登録しているユーザーが多いのです。

そのため、不倫目的の女性のヒット率が高くなっています。

累計ユーザー数1,700万人とマッチングアプリの中でも群を抜いて大規模なアプリなので、セフレ探しにはぴったりです。

マッチングアプリ3.PCMAX

PCMAXは、ヤリモクのユーザーが圧倒的に多いマッチングアプリです。

PCMAXがおすすめできるのは次のような人です。

  • セフレを探している人
  • 後腐れのない割り切った関係を求めている人

理由は、以下の2つです。

  1. ユーザーの年齢層が幅広く、既婚者も多く登録している
  2. アダルトな出会い目的のユーザーが多い

PCMAXでは、独身、既婚に関わらず、18歳〜60歳以上の幅広い年齢層の女性が登録しています。

そのため、既婚者狙いの女性ユーザーも多いのです。

ヤリモクで登録している人がほとんどなので、効率よく女性に出会えるのも魅力。

累計1000万人と規模の大きなアプリなので、セフレ探しにはぴったりです。

↓他のマッチングアプリについて詳しく知りたい人はこちらへ↓

2.マッチングアプリで嫁バレしないための4つの注意点

嫁バレしないための注意点

マッチングアプリは、気軽に出会えて周りにもバレにくいです。

ただし、不倫が嫁にバレるリスクはゼロではありません。

マッチングアプリを使う際には、嫁バレしないように次のポイント4つに注意しましょう。

  1. 本名や顔写真は公開しない
  2. ラインは交換せずマッチングアプリ上でやりとりする
  3. 会うときは遠出する
  4. スマホやマッチングアプリの通知はオフにする

上記の注意点を守ることで、不倫の嫁バレリスクを減らすことができます。

1つずつ確認していきましょう。

注意点1.本名や顔写真は公開しない

マッチングアプリ上での本名や顔写真公開は避けましょう。

なぜなら、マッチングアプリ上であなたのことを知っている人にすぐバレてしまうからです。

個人情報をむやみやたらに出しておくと、嫁の元に情報が行きかねません。

本名ではなく、イニシャルやニックネームを使用しましょう。

また、横顔などバレにくい写真が無難です。

注意点2.ラインは交換せずマッチングアプリ上でやりとりする

ライン上でやりとりすると、バレる可能性が一気に高まります。

たまたまスマホを開いている時にメッセージが来てしまうなど、ラインからバレる不倫は非常に多いからです。

そのため、メッセージのやりとりはマッチングアプリ上で留めておきましょう。

本当に信頼できるのであれば、ラインに切り替えても良いですが必要な時以外のメッセージのやりとりはおすすめできません。

注意点3.会うときは遠出する

マッチングアプリで知り合った女性と会う際には、遠出しましょう。

自分と不倫相手の生活圏内だと、周りにバレてしまう可能性があります。

お互いの生活圏外の地域で会うことをおすすめします。

会う場所も、人目の少ないホテルなどが良いでしょう。

注意点4.スマホやマッチングアプリの通知はオフにする

自宅にいる際、スマホの通知はオフにしておきましょう。

なぜなら、メッセージやマッチングアプリの通知で嫁バレする可能性があるからです。

通知をオフにしておけば、女性からのメッセージに気づかれません。

特定の女性からのメッセージのみ、通知オフをしておくのも良いでしょう。

以上がマッチングアプリで嫁バレしないための注意点でした。

では、そもそもなぜ不倫したい既婚者にとってマッチングアプリがおすすめなのか説明していきます。

3.不倫したい既婚者がマッチングアプリを選ぶべき3つの理由

マッチングアプリを選ぶべき理由

不倫したい既婚者がマッチングアプリを選ぶべき理由は以下の3つです。

  1. バレにくい
  2. キャバクラやパパ活よりリーズナブル
  3. 手っ取り早くヤレる

マッチングアプリが不倫にぴったりな理由が分かります。

では、1つずつ見ていきましょう。

理由1.バレにくい

マッチングアプリは、他の人にバレにくいです。

なぜなら、オンライン上のやりとりなので他人に見られることがないからです。

プロフィールを工夫することで、マッチングアプリ上での身バレを防ぐこともできます。

不倫は、バレると離婚や賠償金を請求される危機になってしまうのです。

そのため、バレにくいマッチングアプリを選択しましょう。

理由2.キャバクラやパパ活よりリーズナブル

マッチングアプリでの出会いは、キャバクラやパパ活よりもリーズナブルです。

マッチングアプリでは、月額料しかかかりません。

月額料も、ほとんどが3,000〜6,000円ほどと非常に格安です。

キャバクラやパパ活の場合、月に数十万かかってしまう場合もあります。

経済的にヤレる女性と出会いたいなら、マッチングアプリが良いでしょう。

理由3.手っ取り早くヤレる

マッチングアプリの場合、手っ取り早くヤることができます。

なぜなら、マッチングアプリを登録している女性には明確な目的があるからです。

ヤリモクの場合には「ヤりたい」という目的があるため、出会い〜ヤるまでの期間が短いのです。

デート初日にヤる人も少なくありません。

駆け引きなく、手っ取り早くヤりたい人にはマッチングアプリが最適です。

4.既婚者がマッチングアプリを使い出会うための4つのステップ

出会うための4ステップ

既婚者がマッチングアプリを使って出会うための具体的なステップについて解説していきます。

具体的には、以下の4ステップです。

  1. バレないプロフィールでヤリモクであることを記載する
  2. 気になる女性とメッセージのやりとりをする
  3. お互いの生活圏外で会う約束をする
  4. 個室ディナーの後そのままホテルに行く

では、早速見ていきましょう。

ステップ1.バレないプロフィールでヤリモクであることを記載する

周りの人にバレないプロフィールでヤリモクであることを記載しましょう。

なぜなら、あなたがセフレ探しをしていることが周りにバレると嫁バレする可能性が高まるからです。

本名や分かりやすい顔写真は控えましょう。

ニックネームやイニシャルを使用し、横顔の写真などがおすすめです。

プロフィール文には、既婚者であることを明記しておきましょう。

そうすることで、「不倫したい」「ヤリモク」ということが相手に伝わります。

ステップ2.気になる女性とメッセージのやりとりをする

続いて、気になる女性とメッセージでやりとりします。

マッチングアプリ上で気になる女性を見つけたら、積極的にいいねしていきましょう。

お互い、いいねしたらマッチング成立です。

どんな出会いを求めているのか、どんなプレイがしたいのかなどメッセージでやりとりします。

質問を重ね、相手がどんな女性なのかを見極めるのです。

ステップ3.お互いの生活圏外で会う約束をする

メッセージを繰り返したら、会う約束をしましょう。

メッセージ開始後1日〜3日以内に誘うのがベストです。

会う際には、お互いの生活圏から離れている場所を選びます。

ステップ4.個室ディナーの後そのままホテルに行く

デート当日は、個室ディナーを予約しておきましょう。

人目につきにくく、ロマンチックなムードを演出することも可能です。

個室で色んな会話を交わし、盛り上がればそのままホテルに行きます。

ホテルまでの移動は、周りにバレにくいタクシーが良いです。

以上が、マッチングアプリで女性と出会う流れでした。

5.不倫するのはあくまで自己責任

不倫をするのは自己責任で

マッチングアプリであれば、既婚者でも簡単に出会いが見つかります。

ただし不倫はあくまでも自己責任です。

不倫がバレてしまうと、以下のようなリスクもあります。

  1. 賠償請求される可能性がある
  2. 社会的信用を失う可能性がある

不倫する際には、バレるリスクも知っておきましょう。

では、1つずつ見ていきます。

リスク1.賠償請求される可能性がある

不倫がバレると、嫁から賠償請求をされる可能性があります。

相場は50万円〜300万円と言われており、裁判沙汰になってしまうのです。

不倫が原因で別居・離婚となると、慰謝料や養育費など様々なお金がかかります。

そして、不倫相手からも賠償金を請求されてしまう可能性もあるのです。

家族や子供の精神的なストレスも相当かかってしまうでしょう。

不倫がバレると、多額の請求がされるということを念頭に置かなければいけません。

リスク2.社会的信用を失う可能性がある

不倫がバレると、社会的信用を失う可能性があります。

裁判沙汰になってしまうと、会社の同僚やや知り合いの耳にも入るでしょう。

会社の上司や社内の人だけではなく、取引先や関係会社などに一気に噂が回ってしまいます。

社会人としての信用は失い、昇格にも悪影響を及ぼすでしょう。

不倫は私生活だけではなく、社会的にも影響が出てしまうのです。

まとめ

不倫したい既婚者がマッチングアプリを選ぶべき理由は以下の3つです。

  1. バレにくい
  2. キャバクラやパパ活よりリーズナブル
  3. 手っ取り早くヤレる

具体的には、以下の3つのアプリがおすすめです。

  1. ハッピーメール(18禁)
  2. PCMAX
  3. ワクワクメール

上記のアプリを使えば、効率的に好みの女性と出会うことができますよ。

バレずにマッチングアプリでの出会いを楽しみましょう。

RECOMMEND

  1. ドタキャンされる理由

    マッチングアプリ

    マッチングアプリでデートをドタキャンされる理由は?ドタキャンされない極意を伝授!

    マッチングアプリでドタキャンされてしまった理由を知りたい、とお考えです…

  2. anytime-deai

    マッチングアプリ

    エニタイムフィットネスに出会いはあるの?出会いの方法を完全解説!

    「日頃からジムで鍛えているスタイルのいい彼女が欲しい…」「エニタイムフ…

  3. 付き合うまでに知りたい4つの疑問

    マッチングアプリ

    付き合うまでに知りたい!マッチングアプリで陥りやすい4つの疑問

    マッチングアプリで付き合うってどうなの?ってお思いですね。マッチン…

  4. 40代でも出会えるアプリ

    マッチングアプリ

    40代でも出会える!40代男性向け婚活や恋活向けのマッチングアプリを解説

    マッチングアプリは、40代でも使えるのかどうかお悩みですね。結論か…

  5. anzi-eyecatch

    マッチングアプリ

    【実体験】An×2(アンジー)は出会えない!嘘の口コミ評判に騙されるな!

    「アンジーって実際に出会えるの?」「アンジーってどんなアプリなの?…

  6. LINE交換する方法

    マッチングアプリ

    マッチングアプリでライン交換の方法は?タイミングやデート成功までこぎつけるテクも解説

    マッチングアプリでのライン交換にお悩みですね。「どのタイミングでラ…

New Posts

  1. deaikei-doutei
  2. 身バレしない対処法と極意
  3. konkatsu-thum-1
  4. タップル 攻略 アイキャッチ
  5. anzi-eyecatch
  6. 地方、田舎でも出会えるアプリ
  7. omiaiのアイキャッチ
  8. talkplus-eyecatch
PAGE TOP