恋愛コラム

  (最終更新日:2020.10.1)

狙った相手とのアポを実現させるマル秘テク!(チリペッパー小田氏)

※以下からが、チリペッパー小田氏にご寄稿いただいた内容です。

マッチングアプリ、みなさん使っていますか?

「サクラが多い」「業者ばかり」というネガティブな反応を持つ人もいますが、本当の素人と出会うこともできます。

実際に私、チリペッパー小田は何度も素人女性と会うことに性交、いや成功しています(笑)

マッチングアプリでは狙った獲物を逃がさない行動が重要です。

今回はまずアポを取り出会うためのテクニックについて、チリペッパー流に解説したいと思います

【寄稿者プロフィール】
チリペッパー小田氏

チリペッパー小田氏

人気R18コラムニスト。
風俗マニアックス」などの有名メディアで記事を手掛けている。

Youtube公式チャンネルも運営しており、出会い系アプリやメンズエステについての動画を公開している。

Twitter:@chilipepper_oda

初めて会う相手で100%出会えるアポはない

男も女も「その時」はそんな気分でも、一晩経って気が変わったということはよくあります。

特に面識のない男女が、マッチングアプリで100%出会えるかというとそれは厳しいというのが本音になります。

メッセージをもらったときには「会ってもいいかな」と思う人も1日経つと気が変わることはざらにあります。

これは女性だけではなく男性もそうで「女心と秋の空」というわけではく全員に共通することになります。

マッチングアプリの場合、婚活アプリなどと異なり、本人確認書類以外を提出している人は(システム上できても)まずいません。
将来の伴侶探しではなく、恋人探し、もっというとワンナイトラブの相手を探していることもあります。

真剣度という意味では、どうしても婚活アプリよりは下がりますし、ドタキャンやすっぽかしをするような人たちも存在します。

そうした中で、本当に自分と会ってくれる人をどれだけ効率的に探せるのかが、そこには戦術が必要になります。

「脈がない人」を早期に損切りし、脈がありそうな人に集中的にアタックをかけることで出会いにつなげていくことができます

どれだけメッセージ交換していても…結局1週間以上先のアポの場合90%はほぼ自然消滅する

マッチングアプリの使い方として「いきなり会いたいと言うと警戒される。しっかり数週間やり取りをして信頼関係を構築するのが大切。信頼関係を築ければすんなり会ってくれるはず」

というイメージをされる方がいますが、一面において、それは正しいのですが、チリペッパーが使っているアプリについていうとそれは間違っています。

やり取りをして「来週の週末にどこどこのカフェで」と約束をしてもそれはほぼ叶うことはありません。

マッチングアプリを使っている層は移り気で、1週間先の予定を平気でキャンセルしてしまう人たちが多いのです。

私の経験上、どれほどメッセージ交換していても、1週間先のアポは90%消滅する(会えない)と思ってください。
2週間先、3週間先になるとほぼ100%ダメになります。

一日経過すると気持ちが変わることもありますが、それだけではなく、やはり女性はよく知らない初対面の男性というのは恐怖感があり、思い直してしまうことも多々あります。

会ってみたい好奇心と知らない人と会う恐怖心のせめぎ合いになり、その結果、先の予定を考え直してしまうのです。

先の日付のアポイントはあてにしてはいけません
私がマッチングアプリを長年使って得た結論になります。

1週間以上先の予定を立ててもほぼ会えることはないというのが真理です。

いきなり女性からの「明日会えませんか」は熱いアポになる

1週間以上先のアポイントメントが脈無しのサインならば、逆に脈ありのサインは何でしょうか?

それは、「明日会えませんか」あるいは「今日これから会えませんか」という直近のアポになります。

普通考えると、「すぐに会いたい」「明日会いたい」という人は、何かビジネス目的や勧誘目的、あるいは美人局など危険な香りがしそうですよね。

しかし、私の経験上、マッチングアプリで「明日会いたい」とアプローチしてくる人は、純粋な出会い(一夜の恋も含む)を求めているケースが多いのです。

本当にビジネスや勧誘目的であれば逆に、長期間のやり取りで徹底的に信頼感を醸成させ、情が沸き断れない心理状態にもっていくのです。
純粋な好奇心が「すぐに、明日会いたい」というメッセージに表れていると思ってください。

これまでのやり取りは少なくても、いきなり「会いませんか」というメッセージが来た場合は大きなチャンスであり、絶対に逃がしてはいません!

出会いはタイミングがすべてです。
女性のほうから「明日会えませんか?」など近い日付でのお誘いがあった場合、私の経験上ほぼ会えます

この場合、ドタキャンやすっぽかしもなく、確率の高い出会いが期待できます。
女性側からの熱いサインを絶対に見逃さないようにしてください。

2、3日連絡やメッセージがなくても「明日会えませんか?」というメッセージが来ればもう大丈夫です。
女性と会える大きなチャンスです。

出会いはタイミングがすべてです。
そのためには、多少無理してでも「女性のタイミングに」合わせられるようスタンバイしておくのが大切です。

出会い以外の予定を空けておく、友人や職場と(意図的に)疎遠にする、ちょうど飲み会が敬遠される昨今の状況なら、以前と比べて時間を作りやすくなっているはずです。

アポを詰める際は必ず「一気に!」バックレを少しでも防ぐためにしておきたい

やり取りはだらだらやっても意味がありません。

2、3回やり取りをして「会えそうだ」と思ったら、畳みかけるように希望日、希望場所、希望時間などいくつか相手に提示させるようにしてください

ポイントは相手の希望日時や場所を提案させることです。

「ここでいついつ会おう」とこちらのペースに乗せたいところですが、そうすると相手が警戒してしまいます。

相手にイニシアチブを持たせながら、気持ちよく会いたい気持ちを持続させるのがポイントです。

こちらが相手に合わせる姿勢を示しつつ、しかし、具体的な提案があった場合「OK!その日に会いましょう!」と一気に距離を縮められるように、どの日程でも大丈夫なスケジュールを用意しておくことが大切です。

アポを100%確実にしてバックレを防ぐ妙薬は存在しません。
しかし、ある程度行動を心がけることで会う可能性を上げることはできます。

これがチリペッパー理論というわけです。

ドタキャンをくらわないための行動

ドタキャンは「出会い系あるある」なのでショックを受けないで、一度や二度食らっても、めげずに頑張ることが必要です。

とはいえ少しでもドタキャンを防ぐための行動をしておいた方がいいでしょう。

具体的な行動として私は以下のものを実践しています。

 

ドタキャンを防ぐ方法一覧
  1. 前日、当日確認は必ず確認する「明日はよろしくお願いします。」など
  2. 相手からの返信がない場合行かない。特に「当日ドタキャン」が多いので、出かける前にメッセージして返信がない場合、ドタキャンリスクが大きい。
  3. これだけしてもドタキャンは0にはできない。
  4. 会場に来ていてもドタキャンする女性はいる。やはり怖くなるのだろう。
  5. リスケ(例:明日から2週間後に変えていただけますか?)の場合、ほぼ会えないで終わる
  6. 相手との温度感を認識し、「いける」と思ったらすぐに動く

 

相手が会う日のリスケを提案してきた場合、ほぼ100%会えないで終わるので、その時点で関係を終わらせても大丈夫です。

リスケ後、新しい日程調整をしている時間は無駄であり、その時間があったら、新しい女性との出会いに注力すべきです

事前にラインや電話など別の連絡方法は交換すべき?

ドタキャンを食らった体験連絡を積極的にとってすぐに会うためには、相手の電話番号や携帯アドレス等を聞いておく方がいいのでしょうか?

実は必ずしもそうではありません

逆にあまり相手の個人情報を聞き出さないほうがいいのです。
あまりプライベート情報を聞くと、相手が警戒してしまいます。

私は会う前の連絡方法については、以下の原則を持っています。

 

チリペッパー小田流「連絡の原則」
  1. アポ当日などにこちらの電話番号だけは知らせる(わかりにくかったら電話ください)。相手の電話番号は聞かない
  2. LINEなど交換は申し出ないほうがいい(がっつく印象を与えてしまう)
  3. 出会う前にLINE等を交換すべきではない(警戒されてしまう)
  4. 相手から「LINE」を交換しましょうという場合のみ交換する

 

女性が不信感を持たないための出会い方を考えるべきで、事前にプライベートな情報を交換するのは警戒されます。

幸い、マッチングアプリにはやり取りできるメッセージツールがありますので、それを使って連絡を取り合うのが一番女性に警戒されない方法になります。

ドタキャンを食らった体験

私がマッチングアプリを使って会おうとしたケースで、ドタキャンを食らった体験について最後にお話しします。

これだけ出会いについて研究している私でも、不可抗力なドタキャンというのがあります。

当日確認も取れて待ち合わせ直前でメッセージが既読にならなくなった

原因:やはり知らない男性と会うのが怖くなったのだと思います。

出会い系あるあるです。
誰もが一度は経験します。

男性をその気にさせて罠にはめてやろうという女性もいないことはないと思いますが、多くは直前で怖くなってしまうパターンです。

これはある意味仕方ないことであり、以下のドタキャン事例に共通するように、見知らぬ男性と会うのが怖くなるのはもっともです。

待ち合わせ場所まで来て「やっぱり帰ります」

原因:私と距離を縮めるのが怖かったのだと思います。

近くの「コンビニ前にいますので」来てくださいと言っていたのに、「やっぱり怖いので帰ります」と言って終了となってしまいました。

見知らぬ男性と1対1で会うのはやはり本能的に怖くなってしまったようです。

実際に本当に来ていたのかはわかりませんが、メッセージの内容からおそらく本当にその場にいたようです。

会いたい気持ちよりも恐怖が勝ってしまうのはある意味仕方のないことだと考えています。

出会い系をする人は、こういうことがあっても「当たり前」くらいの気持ちでいないと心が折れてしまいます

時間になってメッセージも来るが出会いに積極的ではない

原因:相手の好奇心と恐怖感がせめぎ合い、後者が勝ってしまったのだと思います。

待ち合わせ場所に来ているのですが、「10mの距離」を自分で縮めることができないような女性がいます。

初めて会う、見たこともない女性の緊張をほぐそうとしても、コスパが悪く、うまくいかないことが多いです。

1人の女性の緊張感を和らげる手間は、出会い系では時間の手間の無駄になってしまいます

まとめ

以上、マッチングアプリで女性に会える方法を私の体験を踏まえてまとめてみました。

ポイントは、あまり長期間やり取りをしたりせず、女性のほうから「会いたい」とアプローチがあったときに、すぐ会う行動力です。

1週間、2週間先のアポはキャンセルになる可能性が高く、出会える計算に入れてはいけません。

あくまで「明日会いたい」「すぐに会いたい」というサインを拾うことが大切です。

それでもドタキャンやすっぽかしをゼロにすることはできません。
全く知らない男性といきなり会うのは怖いですし、リスクがあります。

出会いたいという好奇心と恐怖心を天秤にかけているので、土壇場で会えないことはある程度仕方ないことだと割り切りましょう。

当日、出かけていき会えないのを徒労と感じず、それもまたマッチングアプリでの出会いの醍醐味だ、と思えるくらいになると、出会いのチャンスを引き寄せることができるはずです。

ドタキャンされてもあきらめるな、相手の「会いたい」というサインを見逃すな!が私の結論になります

文 | チリペッパー小田

RECOMMEND

  1. 恋愛コラム

    お金をかけずに素人女性をセックスフレンドにする方法(チリペッパー小田氏)

    ※ここからが、チリペッパー小田氏にご寄稿いただいた内容です。は…

  2. 恋愛コラム

    ホテルの前で女性がグダった時の対処法!(チリペッパー小田氏)

    ※以下からが、チリペッパー小田氏にご寄稿いただいた内容です。意…

  3. 恋愛コラム

    2回目以降に繋げる初回デートの裏ワザ3つ!(ポチ氏)

    今回はTwitterにてマーケティングと恋愛を題材に発信する「ポチ」氏…

  4. 恋愛コラム

    オンラインの出会いからデートまで持ち込むチャットのコツとは?(澤口珠子氏)

    今回は婚活コンサルタントの「澤口珠子」氏にご寄稿いただきました。…

  5. 恋愛コラム

    恋に落ちにくい人が、それでも好きな人に巡り合う「出会い」の作り方(はらちゃん。氏)

    今回は婚活市場で無双する「はらちゃん。」氏にご寄稿いただきました。…

  6. 恋愛コラム

    簡単ノウハウ!アプリ上のプロフィール写真の選び方(定時ダッシュちゃん氏)

    今回は20代女性の目線で様々な意見を発信する「定時ダッシュちゃん」氏に…

New Posts

  1. 広島はママ活に向いている!広島県でのママ活の実態をまとめました。
  2. ママ活は千葉でこそおすすめ!出会い方やコツから注意点までをまとめて解説
  3. happymail.thum2-1
  4. バイトで出会いたい人必見!出会いにおすすめのバイト7選と選ぶポイントを紹介!
  5. papakatsu-app-eyecatch
  6. 神奈川のママ活事情とは?ママ活を成功させる方法を紹介します!
  7. ハッピーメールにサクラや業者はいる?実際に業者と本物の女性を見抜いてみた!
  8. 出会い系 おすすめのアイキャッチ画像
  9. ハッピーメールはアプリ版とWeb版どっちが良いの?違いを知ってお得に使おう!
  10. PCMAXって怪しいよね...?口コミと評判を徹底検証して分かった6つの真実

Supervisor

PAGE TOP